この風のむこうから… 今日も、のほとけの囁きが聞こえてきます… 

防野宗和の「のほとけの散歩道」へ、ようこそ!!

盛況に「石童丸ものがたり」公演

盛況に「石童丸ものがたり」公演

石童丸ものがたり

12月15日(日)、この春から練習に励んできた創作オペラ「石童丸ものがたり」が橋本市民会館で上演されました。
作曲の車川智寿子さんも東京から数度、指揮や音楽指導に来て下さり今回の公演は今までに無い出来映えでした。キャスト・スタッフの皆さんに感謝。
そして沢山の方々に来場いただき御礼申し上げます。

脚本 監修・鵜山 仁 作曲 音楽指導・車川知寿子

苅萱道心・中前志朗 石童丸・中西善子 千里御前・山本弥生 お鶴・片野由紀子 お亀・福本陽子 与次兵衛・井本正彦 玉屋若女将・田村典子
参詣人・石井敏明 田中秀樹 丹生一洋 結城良之 井本正也 藤岡昭彦 中岡孝成 谷口哲也 村上忠清 額田陽子 南 実津子 松山 恵 岡田順子 西畑菊子
わらべ・森口貴子 廣岡佳納 東川佳世 岡村憲子 南出舞美
声明・徳永佳嗣 浅見章玄 横谷英泉 堀部泰博
おてる・澤村テル(はしもとしふるさとオペラ代表)

指揮 合唱指導・下ノ上文和 
第一エレクトーン・東 真帆 第二エレクトーン・松下美沙子
演出助手 演技指導・山本弥生
練習スタッフ・番匠久世 村上啓子 坂田佳菜女
企画・小嶋彩子

その他スタッフには、黒子ダイル 和歌山大学[高野七口活性化プロジェクト]等の沢山の皆さんに協力いただきました。
私 sowwaは舞台監督でした。皆さんありがとう。

石堂丸イラスト

 ものがたり
 苅萱道心は、もと加藤左衛門繁氏といい、平安末期(十二世紀後半)、筑紫の国(福岡県)の領主でした。
 繁氏は、妻 桂子と共に、平穏に暮らしておりましたが、父の旧友朽木尚光の遺児千里の不幸な境遇に同情し、自分の館に引きとったことからこの悲劇が始まりました。
 あるとき、表面は仲睦まじい二人の女性の本心を見抜いた繁氏は、わが身の罪の深さに驚き、家も地位も捨てて京都に上り、はじめは法然上人の弟子になりました。
 その後高野山に登り、蓮花谷に庵をむすび、苅萱道心と称して、修行の生活に入りました。
 繁氏の出家直後、千里が一子を出産しましたが、その子には父の幼名をとって石童丸と名付けました。
 石童丸が十四歳になったとき、繁氏が高野山で出家しているという噂を耳にし、まだ見ぬ父に会いたい一心から、母と共に高野をめざして旅立ちました。
 ようやく山麓学文路の宿までたどりつきましたが、そこには『女人禁制』というきびしい山の掟がたちふさがっていました。
 石童丸は、母を宿に残し、一人で山に登って父の行方をたずね歩きました。たまたま「無明の橋」の上で、一人の僧と会いました。
 石童丸の話しを聞いた僧の顔色が、一瞬変わりました。
 この僧こそ、苅萱道心その人だったのです。
 しかし、浮世を捨てて仏道にはげむ繁氏には、親と名乗ることも許されず、 「そなたのたずねる人は、すでにこの世の人ではありません」といつわって、石童丸を母のもとへ帰しました。
 学文路に戻った石童丸を待っていたのは、母 千里がわが子の帰りを 待ちわびつつ、急病で亡くなったという悲しい知らせでした。
 悲しみにうちひしがれた石童丸は、再び高野に戻って苅萱道心の弟子となりましたが、生涯、父子の名乗りをすることはありませんでした。

    powered by QHM 6.0.9 haik
    based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

    最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

    防野宗和の「のほとけ(野仏)の散歩道」絵と書と邏/のほとけと絵添え文